制限付きプロファイルが原因の問題

制限付きプロファイル(アカウント)のあるAndroid 7以降デバイスの一部(特にSamsung Galaxy S10系端末)で起こる問題です。このようなプロファイルがある場合、AdGuardは、VPNを使用する他アプリケーションと同様に、VPNトラフィックの選択的なフィルタリングに対する制限がかかってしまいます。その結果、AdGuardはローカルVPNモードでの保護を起動できなくなります。
また、この状況の理由の1つは、デバイスでデュアルアプリ/デュアルメッセンジャーを使用していることです。

解決方法

現在対処方法は3つございます(多くの方にとって方法①が一番便利かと思いますが)。

方法①: 制限付きアカウントを削除する

多くの端末の場合:
端末設定→詳細設定→複数ユーザー→制限付きプロファイルを削除する

ユーザーアカウント管理についてはこちらにてさらにご確認いただけます。

制限付きユーザーアカウントが他の機能を通じて作成され、直接削除できない場合があることに注意してください。たとえば、SamsungまたはLGデバイスでデュアルメッセンジャーまたはデュアルアプリ機能を使用する場合です。これらのケースで問題を解決する方法を以下に記載いたしました。

LGとSamsungデバイス

LGまたはSamsung端末には「デュアルアプリ」または「デュアルメッセンジャー」機能を使用することにより、制限付きプロファイルが作成され、VPN起動の問題が発生する可能性があります。
この問題を解決するには、その機能を無効にする必要があります。

Samsung端末

  • 端末設定→高度な設定→デュアルメッセンジャー
  • チェックついているアプリをすべてオフにする
  • 端末画面オフにして5~10分程度放置する

LG端末

  • 端末設定を開く
  • 「便利な機能」を開く(端末によっては「一般」や他のメニューの場合があります)
  • 「デュアルアプリ」を開く
  • アプリに対するスイッチをすべてオフにする
  • 端末を再起動する

方法②: ADB経由でAdGuardに権限を与える

※この方法はAdGuard v3.5 Nightly 6以降で利用できることに注意してください。古いバージョンを使用している場合は、こちらからのNightly最新バージョンを入手できます(もしくはAdGuardアプリ内設定で「アップデートチャンネル」を「Nightly」に切り替えてアプリをアップデートできます)。

開発者モードをアクティブにし、USBデバッグを有効にします。

  • 端末で設定アプリを開きます。
  • システムセクションに移動し(設定メニューの最後の項目)、サブアイテム端末についてを見つけます。
  • ビルド番号」の行を7回タップします。その後、「開発者になりました!」のような通知が表示されます(必要に応じて、デバイスのロック解除コードを入力してください)。
  • 設定システム詳細設定開発者向けオプション→下にスクロールして「USBデバッグ」を開く(もしくはオンにする)→警告を注意深く読んでいただいた後、[USBデバッグを許可する]ウィンドウでデバッグが有効になっていることを確認します。

※端末によってメニュー項目の名称が多少違ったりする場合がございます。

上記に関してまだご不明やお困りな点ございましたら、こちらでさらに詳しい手順をご確認ください。

❷ADBをインストトールして設定します(方法:Windows編Mac編)。

USBケーブルを使用してADBをインストールしたコンピューターまたはラップトップにAndroidデバイスを接続します。

❹ PCでコマンドラインを開きます。

  • Windowsを使用している場合はCmd.exe
  • macOSを使用している場合はターミナル

adb shell pm grant com.adguard.android android.permission.INTERACT_ACROSS_USERS というコマンドを入力してEnterを押します。これで完了です。

方法③: ローカルHTTPプロキシモードでAdGuardを使用する(ルート権限が必要になります)

このモードを有効にする手順:
AdGuard設定ネットワークフィルタリング方式(近日中「フィルタリング方法」に変わります)→ ローカルHTTPプロキシを選択