AdGuard for Android のインストール方法

動作環境

OSバージョン: Android 5.0以上

RAM: 2 GB以上

ディスクの空き容量: 120 Mb

インストール方法

【AdGuardがGoogle Playにない理由】これは、Googleがネットワークレベルの広告ブロッカー(つまり、他のアプリの広告をブロックするアプリ)のGoogle Playでの配布を禁止しているためです。Googleの制限的なポリシーについては、私たちのブログでご確認いただけます。

この理由で、AdGuard for Androidは直接AdGuardウェブサイトから手動でインストールする必要があります。方法は以下の通りです。

まず、デバイスのOS設定で提供元不明のアプリケーションのインストールを許可する必要があります:

  • 【Android 8以降の場合】こちらからダウンロードしたAdGuardのAPKファイルをタップし、[インストール] をタップ。 ブラウザからのインストールが許可されていない場合は通知が表示され、そこで

[設定]→[この提供元を許可する]→戻る→[インストール]

インストールが完了します

  • 【Android 7の場合】お使いのデバイスで「設定」→「セキュリティ」より「提供元不明のアプリ」をタップしてトグルをONにする。
  • 【Android 6の場合】[設定]を開き、[システムとデバイス]から[その他の設定]を選択。[セキュリティ]の[提供元不明のアプリ]をオンにし、システム警告ウィンドウが開きましたらOKをタップ。
    ※端末によって少し手順と項目が異なる場合があります。
  • 【Android 5の場合】[設定]を開き、[セキュリティ]を選択。 [提供元不明のアプリ]をオンにし、システムの警告ウィンドウが開きましたら[OK]をタップ。

これで、アプリをデバイスにインストールすることができます。ブラウザでhttps://adguard.com/apkを開くか、以下のQRコードをスキャンしてください:

8a8ed8bad63595189b5c55d184155baa79e71033-androidinstallen03

ダウンロードしたファイルを保存するリクエストが表示されたら、OKを押します。

ダウンロードが完了すると、AdGuardアプリケーションをインストールするかどうかをシステム尋ねられます。 インストールを押します。

アプリを起動しますと、EULAとプライバシーポリシーの同意画面が表示されます。
また、2つのチェックボックスにチェックを入れることで、AdGuardの開発にご協力いただけます。
続けるには「同意する」を押してください。

クイック設定詳細な設定 のどちらかを選びます(詳細な設定も基本的にすぐに終わるので、おすすめです)。

クイック設定を選ぶと、AdGuardが機能できるよう、ローカルVPNを作成するよう誘導画面が表示されます。

詳細な設定を選ぶと、ニーズに合わせてAdGuardを設定する流れが開始されます。まず、検索広告をブロックするかしないかという設定です:

次に、SNSウィジェット(普通のウェブサイトで出てくるいいね!やシェアボタンなど)をブロックするかしないかという設定です:

迷惑要素(クッキー通知、アシスタントウィンドウなど)をブロックするかしないかという設定です:

次に、YouTubeアプリから広告なしで動画を再生する方法についての説明があります。ここは方法の説明だけなので、確認いただいて次に進むだけです。

プライバシー設定では、ご希望の個人情報追跡からの保護レベルをお選びください:

セキュリティは、危険なサイトにアクセスしようとする時に、警告を表示するかしないかという設定です。

最終ステップはローカルVPNを作成することです:

これで、AdGuardのインストールは完了です。

※広告ブロックが100%の効率で機能するには、アプリ内でHTTPSフィルタリングを有効にしてください(証明書のインストールが必要になります)。

АdGuardのアンインストールや再インストール

モバイルデバイスにAdGuardを再インストールする必要がある場合は、

まず設定を開き、
インストールされたアプリ(Android 6)、アプリ(Android 5および7)、アプリと通知(Android 8+)、アプリ(Android 9+)を選択して、
インストールされているアプリのリストでAdGuardを見つけ、削除するを押します。

AdGuardアプリを再インストールするには、「インストール方法」の手順を繰り返してください。